Swiftで遊ぼう! on Hatena

あしたさぬきblogでやってた初心者オヤジのiOSプログラミング奮闘記がHatenaに来ました

Swiftで遊ぼう! - 616 - CoreDataMyDemo 5

let request = NSFetchRequest(entityName: "Users")
   request.returnsObjectsAsFaults = false
        
 do {
     let results = try context.executeFetchRequest(request)
     print(results)
    } catch let error as NSError {
     print("Error: \(error)")
   }

昨日コードしたデータベースから欲しいデータの読み込みを確認するコード「print(results)」ですが、resultsは、[NSManagedObject]型なので、普通はそのまま使用することは無いです。アレー型なので複数存在することが予想されるため、「for」を使って個別の要素を取りだして、KVCを使って要素を抽出します。

let request = NSFetchRequest(entityName: "Users")
   request.returnsObjectsAsFaults = false
        
 do {
     let results = try context.executeFetchRequest(request)

         if results.count > 0 {
                for result in results as! [NSManagedObject] {
                    print(result.valueForKey("username")!)
                    print(result.valueForKey("password")!)
                }
         }

    } catch let error as NSError {
     print("Error: \(error)")
   }

ここまでは、CoreDataを使ったデータベースへの書き込みとデータの読み込みの基本です。

明日から少し高度な検索機能を組み込みます。