読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Swiftで遊ぼう! on Hatena

あしたさぬきblogでやってた初心者オヤジのiOSプログラミング奮闘記がHatenaに来ました

Swiftで遊ぼう! - 716 - Collection型のインデックスの扱い

WWDC2016のビデオに「Protocol and Value Oriented Programming in UIKit Apps」という表題があります。実はWWDC2015でProtocol-Oriented Programmingというプログラミング手法が紹介されました(私は見てません(^_^;)が、どうもそれを拡張しているようなので、そろそろProtocol-Oriented Programmingの勉強をしていきます。

Protocol-Oriented Programmingという名前から、中心的な役割を担っているのが、ProtocolとExtensionです。そして、身軽なstructure型でプログラミングしていくやり方のようですが、こういう抽象的なプログラミング作法の勉強を始めると、結構Swiftのスタンダードライブラリを使って説明することが多いです。

しかし、このスタンダードライブラリですが、結構知らないことが多いんです。ということでSwiftで変更になったCollection型のインデックスを扱うメソッドに関して勉強しました。

Swift理解のために、Collection型の理解は必須です。Swift 3から扱いが変わります。

myIndex.successor()  =>  myCollection.index(after: myIndex)
myIndex.predecessor()  =>  myCollection.index(before: myIndex)
myIndex.advance(by: …) => myCollection.index(myIndex, offsetBy: …)

playgroundで確かめて見ると次のように何のことやら。

var testDictionary = 
    ["One": 1, "Twon": 2 ,"Three": 3 ,"Four": 4 ,"Five": 5 ,"Six": 6]

var myIndex = testDictionary.startIndex
myIndex = testDictionary.index(after: myIndex)
myIndex = testDictionary.index(myIndex, offsetBy: 3)
print("\(myIndex)")

コンソールに次のラインが表示されました。

DictionaryIndex(_value: Swift.DictionaryIndexRepresentation._native(Swift._NativeDictionaryIndex(nativeStorage: , offset: 4)))

何のことやら。ちなみに「index(before: myIndex)」は動きません。

今日はこれだけ。