読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Swiftで遊ぼう! on Hatena

あしたさぬきblogでやってた初心者オヤジのiOSプログラミング奮闘記がHatenaに来ました

Swiftで遊ぼう! - 番外編4 - 自転車をゲットして再考するアクティビティモニター

10年以上続けているんでランニングはベテランの域に達しています。

ランニングの記録7 - サブテン: Life-LOG

夏場のラン、冬場のランに対応するウエアにも拘りがあり色々持っています。

ウィンターシーズンのランウェア: Life-LOG

実は新しもの好きのガジェット大好きウルトラランナーでアップル信者なら当然のようにiPhoneが発売される前からNike+を使っています。最近アップル製品を使い始めた人は知らないかもしれませんね。昔はiPhoneじゃなくてiPodだったんです。

Nike+iPod: Life-LOG

私はiPod nanoNike+の組み合わせで使っていたんですが、力をいれていた競技がウルトラ(100km)なんでタイムは10時間前後かかります。するとiPodではバッテリーの問題が絡み始めるんです。実はNike+が最初にリリースされた頃、距離が100km、もしくは時間が10時間を越えるとリセットされる不具合に見舞われたこともありました(T_T) このように長時間使用で不安定な時期もあったんですが、外付けバッテリー利用やアプリのアップデイトを重ねながらNike+を愛用し続け今も私のランニングのお供になっています。

f:id:yataiblue:20160821184045j:plain

しかし、このNike+iPhoneと蜜月の時期も終わりになろうとしています。新しもの好きの私もかなり我慢を続けました。アクティビティモニターがちょっとしたブームになりつつあるApple Watch発売の時期、購入を検討したんですが、24時間バッテリーの持たないアクティビティモニターなんて使い物にならないという結論になりました。普段使いで24時間持たないのにウルトラ競技で使える訳ないですよね。

ランニングしかしていない状況でiPhoneNike+の組み合わせに大きな不満はなかったんですが、すこし状況が変わったのが2年前です。私のランニング生活に新しいアクティビティが1つ加わったんです。スイミング! そうです。全く泳げなかったんでスイミングスクールに入校して泳ぎ始めたからです。スイミングといってもまだ泳げない当初はアクティビティとしてカウントできるレベルではなかったので気にしてなかったのですが、1年経って1kmから1.5kmぐらい泳ぐようになると記録したいという欲求が生まれました。iPhoneをプールに持って入れないので、完全にiPhone+Nikeの選択肢は消えます。Apple Watchも公式に対応していないので難しそうですが、Apple Watch 2の発売を待っています。しかし、噂を聞くと防水云々よりバッテリーライフの改善が見込まれそうにないのでガッカリしてます(実際はどうなることやら)。

Apple Watchの動向しか目を向けてなかったんで他のアクティビティモニターに関する知識も無く、バッテリーが6ヶ月持ってアクセサリー感覚で使えるというMisfit Rayが発売された時に衝動買いしました(^_^;)

バッテリーが持つっていいですね。あまり考えずに購入したとはいえライフトラッカーとしてMisfit Rayは気に入りました。実際スイミングに対応といってもスイミングのアクティビティを評価してくれず泳いでいる間は「軽いエクササイズ」になってしまいます。発売元に問い合わせるとRayは簡易的に対応で、本格的にスイミングをするのであればShineを選択する必要があるそうです。スイミングのためにRayを購入したのですが普通のアクティビティモニターとして睡眠の評価を含め使っていこうと思っていました。しかし自転車に乗ってRayの大きな問題に遭遇しました。

Misfit Rayは自転車に乗ってもアクティビティとしてカウントしないんです!

これじゃ使い物になりません。

自転車についてきたGarmin Edge 520Jと巡り会い、今まで購入を検討したこともないGarminの世界に触れました。

Garmin Connect!

ランニング、スイミング、自転車、そうですトライアスリート御用達のGarminの世界にサイクルコンピュータから入り興味を惹かれました、今はランニングとスイミングでも使用したいという欲望が生まれてきたところです。

すると選択肢は...