読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Swiftで遊ぼう! on Hatena

あしたさぬきblogでやってた初心者オヤジのiOSプログラミング奮闘記がHatenaに来ました

Swiftで遊ぼう! - 911 - いかん!いかん!更新が滞ってる...

更新が1月も遅れているんで、どのように再開させたらいいのか悩んでしまって、さらに更新できない悪循環にはまり込んでます(笑)

話題は「なんでもいいや」ですね。

SpriteKitを使ってインタラクティブな子供の絵本作りなんて記事があったんで、眺めています。

www.raywenderlich.com

このチュートリアル、コピーライトに引っかかるマテリアルのオンパレードなんで、そのまま紹介することはできません。

主題のSpriteKitの復習します。

ViewControllerを使って、ベースView上でサブViewを扱うんですが、SpriteKitの場合、ベースViewはSKViewであり、その上で扱うサブViewはSKSceneってことになります。

このSKSceneインスタンスを切り替えることでページめくりを実装して本らしくしていくようです。

チュートリアルのページからテンプレートプロジェクト「Seasons」をダウンロードしてXcodeで開きます。

「GameScene.sks」と「GameScene.swift」という2つのファイルがあります。「GameScene.sks」は、SKSceneクラスをビジュアルに編集することができるXcodeの機能の1つです。

ということは、「GameScene.sks」と「GameScene.swift」を繋ぐ必要がありますね。

GamceViewControlelrにある初期化メソッド「viewDidLoad()」に次のコードがあります。

if let scene = SKScene(fileNamed: "GameScene") {
// ....
}

GameScene.sksファイルからSKCeneインスタンスを作るコードですね。そして、このGameScene.sksファイルを選択した状態で右側のインスペクタ・ペインをみると、Main.stroyboardを選択したときと様相が異なります。

f:id:yataiblue:20170216171508j:plain

カスタム・クラス・インスペクタを選択すると、「GameScene」が設定されていると思います。ビジュアルな設定はGameScene.sks、コードを使った設定はGameScene.swiftできるようになっています。

まだまださわりだけ。