読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Swiftで遊ぼう! on Hatena

あしたさぬきblogでやってた初心者オヤジのiOSプログラミング奮闘記がHatenaに来ました

Swiftで遊ぼう! - 717 - Protocol-Oriented Programmingを考えていく

「Protocol」は、オブジェクト指向プログラミングの3本柱の1つ「ポリモーフィズム」を実現する機能だと思っていました。

しかし、昨年のWWDC2015の「Protocol-Oriented Programming in Swift」を見て、「Protocol」がObeject-Orientd Programming(OOP)から離れ、それ自身がプログラミングの中心になっていることを知り、かなり驚きました。1年経った今頃に(^^;)

iOSフレームワークOOPで構成されているので、すべてをProtocol-Oriented Programming(POP)に置き換えて考えることはできないでしょう。しかし、AppleがPOPを勧めているかぎり、デベロッパーはPOPなスタイルでプログラミングをすべきなのかもしれません。

私はOOPでさえ極めていないのですが、POPでプログラミングを考えていくようにします。

POPなスタイルとは...

プログラミングを書いていくとき、「protocol」から書いていけばいいんです(^_^;) ちょっと極端な言い方かな。

今日はここまで。